ホットな話題

ガンや生活習慣病に効果のある話

「そば」 

 昔から「そば」はからだに良いよされてきましたが最近の研究では「そば」に含まれるポリェフノールと言う成分が抗酸化作用がある知られるようになりました。
 最近の食生活は脂肪の多く取る傾向にあり、その脂質が活性酸素により過酸化物質に変化し、人体には必要な物質であるが過剰になると体を攻撃し遺伝子などを傷つけ、それが増殖するとがんになるとされています。
 抗酸化物質は活性酸素を直接的、あるいは間接的に処理する働きがあり、がんや生活習慣病の予防に効果があるとされている。
この結果「そば」が健康食品として一層注目されています。

飲用のしかた

1 味は重視しなくて、丸ごと食べる、できれば殻ごと挽いた全粒粉を使ったそばなど。
2 殻ごと煎じて飲む、そば茶など。
  
そばもやしの作り方

 浅い箱にきれいな川砂を入れて、すき間なくなくそばの種をバラ蒔きし、3日目で発芽し、10日位で根本から切り取る。
 注意したい点は日光の当たるところで栽培をする。
「そばもやし」は、タンパク質やビタミンA・B1・B2を含み、緑色jの部分にはルチンが他の部分よりも多くふくまれている。
 ルチンの薬効は毛細血管の弾力をまもり、出血をふせぐ作用があるので、高血圧症や眼底出血などの治療薬として使われています。 


トップへもどる